*

柏餅の季節がやってきた!

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

いきなりですが、端午の節句に食べるものと言えば…何でしょう!

 

答えは、粽(ちまき)と柏餅!

そろそろ料理にも、粽に見立てたものや、柏の葉を使う季節がやってきた。

 

先日、柏の葉を仕入れて、その香りを嗅いだ時に「ああ、柏餅が食べたいな」と。

そしたらなんと! 今日祖母が、柏餅を買ってきてくれた。以心伝心。

83e0a689-620c-442b-b07f-cab4ace9f88f

 

そんな、ちょっとした出来事で、テンションが上がった(笑)

ちなみに、柏餅が端午の節句に食べられるようになったのは、江戸時代から。

柏の木が、新しい芽が出るまで古い葉が落ちないことから、「子どもが生まれるまで親が死なない。跡継ぎ、家系が絶えない。つまり子孫繁栄」を願って、柏餅を食べるようになったとか。

恐らく料理で柏の葉を用いるのは、柏餅をこの時期に食べるから。季節感を出すためではないかと思う。

 

柏餅の何が好きって、それはもう中の味噌餡!

2f168084-faa9-42e4-b326-c6e09cf688b2

でも聞いた話では、地方によっては中があんこのところがあるとか。

実は今まで一回も、あんこの柏餅を食べたことがないので、どんな感じか一回食べてみたいな。

でも、絶対味噌餡の方が美味しい(僕の好み)だと思うけど。

 

 

味噌餡でも、お店によって味が違うのかな。 うちの近くの餅屋さんの柏餅が最高だから、一度皆さんにも食べてもらいたいな、なんてね。

 

関連記事

自分の料理で、人を幸せにする第一歩。

こんばんは。 日中は、ずいぶん熱くなってきましたね...今日から夏用の白衣に変えた、西岡 瞭です!

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

no image

戻ってきた大卒新入社員。

働き始めてから、一年以上が経った。   どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

記事を読む

「布施の心」でより良く生きる

特に何かがあったわけでは無いんだけど、先日仕事をしている時にふと思ったことがある。 それは、「

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

ふと気付いた、体の変化

ふと指を見てみたら、昔はあった「甘皮」がなくなってる!   (なぜか、爪の写真

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

おもてなしがサービスになる時

昨年末、おもてなしについて書いたブログ(「おもてなし」は、誰かを思ってすること。)で、サービスとおも

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑