*

みーつけた!

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

「やばい、これめっちゃかわいい!」←と、思わず僕が言って買ってしまったのがこれ。

64a1431d-9331-4ab1-9c6a-066a92cf5b67

 

ねえ、可愛いでしょ(笑)

生八つ橋で出来たお菓子。

 

しかも、ブラジルワールドカップ中の今にぴったり。


e769d8f8-52ca-4d47-882f-5fde64bf2391


包装もこんな感じ。

何ともおしゃれ。そして、個人的にこの緑色が好みにドンピシャ。

 

ぶらぶら歩いていたら、偶然見つけたお店「nikiniki」さん。

自由に好みの生八つ橋と、中に入れるあんを選んでオリジナルの生八橋を作ることもできる。

まさに、「新しい八つ橋のお召し上がり方を提供する場所、そして、新しい八つ橋のお召し上がり方をお客様が発見して頂く場所」というコンセプトを体現している。

 

実に楽しく、面白い。

 

色々、その時期に合った生八つ橋を作っておられるみたい。

節分の時期

(http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/4298 こちらより写真をお借りしました)

 

うん、これも可愛い…

ぜひまた行ってみたいな。

 

八つ橋は320年も前に出来たもの。

それを、新しく姿を変えて出す。それだけで、きっと多くの人が振り向く。

デザインの力を感じられずにはいられなかった。

 

関連記事

no image

戻ってきた大卒新入社員。

働き始めてから、一年以上が経った。   どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

記事を読む

魯山人の「身の周りの全てから学ぶ」という教え

こんばんは。 料理は季節感が重要だというのに、もはやこのブログの「日記」も「食道楽」も書く内容

記事を読む

I am a 料理人.

大学を卒業して、働き始めてから一年以上経った。 色んな所に食べに行こうと決めて、食道楽なんて連

記事を読む

もう秋だな…そこで、秋刀魚が食べたくなりまして。

先週末は天気の良い日が続いた。 朝起きて窓の外を見てみると、見事な秋晴れ。 &n

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

僕の考える料亭は、若い人にも来て欲しい場所。

7月に入り、もう今年の半分が終わった... 梅雨まっただ中の京都は湿度が高く、蒸し暑い京都らしい夏

記事を読む

柏餅の季節がやってきた!

いきなりですが、端午の節句に食べるものと言えば...何でしょう!   答えは、

記事を読む

母の日という、照れ隠しの日

こんばんは。 「料理修行」の単語が入ったブログなのに、料理のことをまだ全く書いていないことに気

記事を読む

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の力を借りました。 &nb

記事を読む

「目の付けどころをシャープに」という話。

ずっと前から考えていたことだけど、昨日思うことがあったので「見る」ということについて、書いてみようと

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑