*

みーつけた!

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

「やばい、これめっちゃかわいい!」←と、思わず僕が言って買ってしまったのがこれ。

64a1431d-9331-4ab1-9c6a-066a92cf5b67

 

ねえ、可愛いでしょ(笑)

生八つ橋で出来たお菓子。

 

しかも、ブラジルワールドカップ中の今にぴったり。


e769d8f8-52ca-4d47-882f-5fde64bf2391


包装もこんな感じ。

何ともおしゃれ。そして、個人的にこの緑色が好みにドンピシャ。

 

ぶらぶら歩いていたら、偶然見つけたお店「nikiniki」さん。

自由に好みの生八つ橋と、中に入れるあんを選んでオリジナルの生八橋を作ることもできる。

まさに、「新しい八つ橋のお召し上がり方を提供する場所、そして、新しい八つ橋のお召し上がり方をお客様が発見して頂く場所」というコンセプトを体現している。

 

実に楽しく、面白い。

 

色々、その時期に合った生八つ橋を作っておられるみたい。

節分の時期

(http://kyoto.graphic.co.jp/blog/archives/4298 こちらより写真をお借りしました)

 

うん、これも可愛い…

ぜひまた行ってみたいな。

 

八つ橋は320年も前に出来たもの。

それを、新しく姿を変えて出す。それだけで、きっと多くの人が振り向く。

デザインの力を感じられずにはいられなかった。

 

関連記事

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

I am a 料理人.

大学を卒業して、働き始めてから一年以上経った。 色んな所に食べに行こうと決めて、食道楽なんて連

記事を読む

ふと気付いた、体の変化

ふと指を見てみたら、昔はあった「甘皮」がなくなってる!   (なぜか、爪の写真

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

「目の付けどころをシャープに」という話。

ずっと前から考えていたことだけど、昨日思うことがあったので「見る」ということについて、書いてみようと

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

明けましておめでとうございます!

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします!  

記事を読む

おもてなしがサービスになる時

昨年末、おもてなしについて書いたブログ(「おもてなし」は、誰かを思ってすること。)で、サービスとおも

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑