*

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

こんばんは。

最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだということに気付いた、西岡 瞭です。

 

さて先々週、技術的なことで上手くできない自分に苛立ち、悔しさを感じてそれから毎日猛練習。

そしてこの頃、やっと自分の満足のいくものが出来るようになってきた。

祖父を始め、家族にも美味しいと言ってもらえて、少し幸せな気分。

 

上手くできない自分に苛立っていた時、大学時代の研究会の先生がよく、「閾値」の話をしておられたのを思い出した。

 

いきち【閾値】
一般に反応その他の現象を起こさせるために加えなければならない最小のエネルギーの値。

(大辞林より)

 

簡単に言うと、何かが出来るようになるとか成長するためには、繰り返し練習したり、勉強する必要がある。

その経験が積み重なりある一線を越えた時、いきなり今までが嘘のように出来るようになる。

 

僕もその「閾値」を感じる経験が過去にもあった。

きっとできるようになる、それまで辛抱して練習し続けるしかないと自分に言い聞かせ、がんばった。

結果、また一歩前に進むことが出来たように思う。

 

常に考え続ける、思考を止めないということは、とても大事なこと。

でも、時にはがむしゃらに、無心でわき目も振れずがんばる。

 

「他のことを気にせず、時には何かに打ち込む、没頭することも重要な経験」

先日食べに行った、お店のご主人から頂いた言葉。

あれこれ、やりたいことは色々あるけれど、この言葉が胸に響く。

 

IMG_0183

 

さて、こつこつ頑張りますか。

 

関連記事

掃除が好きになりました!(掃除を通して、自分と向き合う)

今日はお店が休みなので、ゆったりした朝を迎えた。 珈琲でも飲みながらほっこり。 &nbs

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食べに行って、沢山のことを学ばせ

記事を読む

か、か、かわいい… 僕のアイドル、SMJ48(笑)

思わず、「かわいい!」と思って、ぱしゃり。   柄のがぷっくり、傘はま

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

料理修行が始まって、約一カ月。 今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入っ

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑