*

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

公開日: : 日記

こんばんは。

 

将来の料理人、瞭です…これは大学生の時に、ある授業で使った僕の自己紹介(笑)

今なら何て自分を紹介するかな。

 

ところで「料理人」と聞いて、どんな人、職業をイメージするだろう?

ほとんどの人が、料理を作っている姿をイメージするんじゃないかな?

それは正しいけど、僕の考える・目指す料理人像の全てではない(僕が考える料理人像を、以下“料理人”と表記)。

 

“料理人”は調理をすることはもちろん、

  • 毎日掃除

8338e301-c51a-4491-86a4-d35778d1a565

掃除については、以前書いた二つのブログをぜひ。

  1. 掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)
  2. 掃除が好きになりました!(掃除を通して、自分と向き合う)

これも、お客様に気持ち良く料理を召し上がって頂くため。もちろん、食器を洗うこともそう。

 

  • 毎月、季節に合わせて器の入れ替え

s_DSC_5264_20130217_173845

日本料理に必要不可欠な季節感。

旬の食材を使うことはもちろん、その季節にあった器を。

例えばお雛さんの時期には、お内裏様とお雛様の猪口(ちょく)を使ったり。

 

※猪口(ちょく、ちょこ):小さな器のことで、少量の料理を盛るために使う。お酒を飲むときの「おちょこ」もこの漢字。
 
  •  時には器を作ったり

10552414_838346946227105_5086367745394711687_n

(写真は、友達が撮ってくれた写真を使わせて頂きました、ありがとう!)

氷の器を作るためにノミを手に、彫刻の様なことも(立方体に切った透明の氷を、端を落とし中をくり抜いて器に。この夏は50個も作った、たった一瞬使うためだけに)。

将来はやりたいと思っているけど、まだ出来ていない陶器や磁器などの焼き物。

 

  •  時には野草を摘みに

FullSizeRender (1)

(今月、10月の八寸の写真。秋、里山に野草が咲く様子をイメージ)

料理を一層引き立たせてくれる、草花。

美しい!綺麗!と思って頂くために、季節を感じて頂くために草花を育てたり、時には摘みに行ったり…

 

調理以外にしていることは書ききれないほどたくさんあるし、これからしていきたいこともたくさん。

野菜も作ってみたい。

花も自分で生けたい。

IMG_9922

(時計草、夏のお花。撮影は6月の終わり)

 

お軸の勉強だってね。

IMG_5056

(鮎が飛び跳ねている。力強さを感じて、好き。夏に掛っていた)

 

これら全てがおもてなし。

調理をしてハイ終わりって訳ではなくて、それがどんな環境でどんな状況でお客様の口に入り、幸せを感じて帰って頂くか。

更に言うと、次お店に来て頂くところまでどう繋がるか、色んなところを「デザイン」する余地がある。

その全ての「デザイン」をするのが、“料理人”という仕事だと僕は思う。

 

ちょっとでも、僕が将来なりたい“料理人”の像が見えたでしょうか?

ああ、やりたいことがたくさん!

 

 

関連記事

みーつけた!

「やばい、これめっちゃかわいい!」←と、思わず僕が言って買ってしまったのがこれ。 &n

記事を読む

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

料理修行が始まって、約一カ月。 今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入っ

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

明けましておめでとうございます!

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします!  

記事を読む

知っている人の仕事に触れると、何倍も感動するし、応援してしまう、魔法。

先日、 大学同期の友達の仕事に触れた。   現在、全国のスターバックス店舗で配

記事を読む

僕の考える料亭は、若い人にも来て欲しい場所。

7月に入り、もう今年の半分が終わった... 梅雨まっただ中の京都は湿度が高く、蒸し暑い京都らしい夏

記事を読む

おもてなしがサービスになる時

昨年末、おもてなしについて書いたブログ(「おもてなし」は、誰かを思ってすること。)で、サービスとおも

記事を読む

柏餅の季節がやってきた!

いきなりですが、端午の節句に食べるものと言えば...何でしょう!   答えは、

記事を読む

魯山人の「身の周りの全てから学ぶ」という教え

こんばんは。 料理は季節感が重要だというのに、もはやこのブログの「日記」も「食道楽」も書く内容

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑