*

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

公開日: : 最終更新日:2014/12/16 日記

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空いてしまったけど…結局前回書いたことは、「料理人はただ料理を作っているだけではなく、おもてなしをしているんだ」ということだった気がする。

それは何度も書いている通り、僕がただ料理を作りたいのではなく、料理で人を喜ばせたい・おもてなしをしたいと思っているからだと思う。

 

「おもてなし」については、中学生ぐらいから考えてきたかな…

僕の頭の中にある、「おもてなし」に関することをここにまとめておこうと思う。

調べて知ったことと、僕がおもてなしをして考え感じたことと合わせて。

 

 

おもてなしは「お持て成し」、「表無し」

そもそも、「おもてなし」の語源って何?

主に以下の二つだと言われている。

 

1.『もてなす』の丁寧語

『もてなす』は漢字で書くと、『持て成す』。

つまり、モノを持って成し遂げるということ。それは、目に見える物体と目に見えない事象の両方。

 

だれでも「お持て成し」は出来る、でもそれぞれ何を持って成すかは様々。

僕は、料理を持って人を幸せにしたい

 

1524865_634596693271700_907963217_n

 

2.表無し

つまり、表裏がない心で何かをするということ。

見える所だけ取り繕って、内面では何を思っているか分からないというのは、おもてなしではない。

 

サービスとおもてなしの違い

良く似た言葉で、「サービス」があるけど、「おもてなし」とはどう違うんだろう?

 

サービスの語源となるラテン語には、「奴隷」や「召使い」の意味がある。

そこから、主従関係が「サービス」という言葉には含まれる

(ちなみにテニスの「サービス」は…
その昔、テニスは貴族のスポーツ。コート外に飛んで行ったボールを、貴族は拾いに行くことは無い。
全部召使が取りに行って、コートの貴族にボールを渡す。それが語源なんだとか)

 

全ての行為を、明確に「サービス」と「おもてなし」に分けることは難しいけれど、一応のところ

「サービス」とは相手が気づく前提でやるもの。そしてそれに対して対価(チップだったり)が支払われる。

「おもてなし」は、ホスピタリティの精神で見返りを求めないもの。

と定義されていることが多い。

 

「おもてなし」の「見返りを求めない」という心、おもてなしの二つ目の語源である「表無し」の話に通じると思う。

 

別の言い方をすれば、

「サービス」は、マニュアルで規定された、毎度決まった行為。

「おもてなし」は、マニュアルで規定されていなくても、その人を思って行う想定外の行為。

と言えると思う。

 

 

思ってなす

色んなことを書いてきたけど、「おもてなし」って何ですか?と聞かれたら、僕はこう答えるかな。

「誰かを思ってすること」と。

「おもてなし」は、「思って成す」(自論)。

 

「おもてなし」で重要なのは想像力。

目の前の人が、今何を考え、どんなことを思って、何をしてほしいのか。

s_DSC_9047_20140310_152228

(何でこんなところに傘があるんだろう…さてこれをどうやって、持ち主のところまで返してあげようか。)

 

時には、その人が自分で自覚していない潜在的なことも、想像して先回りしてする。

想像力が重要だということに、僕は大学時代に「聞くこと」について研究する中で気付かされた。

 

僕はこの点で、母親の子供に対する「おもてなし」に勝るものは無いと思う。

母親の子供を思う気持ちは強い(ここで父親と書けないのは、ステレオタイプ?定型文に無いから?母親の様な父親になりたいです笑)。

言葉を話さず、ただ泣くだけの赤ちゃんの意図を汲みとって行う。その行為こそ、「おもてなし」の鏡だと思う。

 

「おもてなし」をするにあたって…

「おもてなし」をするためには、目の前にいる人(もしかしたら、今から目の前に現れる人)の気持ちに想いを巡らせなければならない。

それには一番に、自分の心に余裕がなければならないと思う。

 

s_DSC_0756_20130629_163108

 

健康であること、私生活が充実していること、もしくはしっかりと気持ちの切り替えができること、色んなものを受け入れる心の広さなどが必要だろう。

これらを得るために、「修行の厳しさ」が必要な気がする。

「修行」を乗り越えることで、自分の心や体を知り、そのキャパシティーを広げる。

 

そんな気持ちで、修行を頑張っていこうと思う。

 

 

 

 

関連記事

知っている人の仕事に触れると、何倍も感動するし、応援してしまう、魔法。

先日、 大学同期の友達の仕事に触れた。   現在、全国のスターバックス店舗で配

記事を読む

no image

戻ってきた大卒新入社員。

働き始めてから、一年以上が経った。   どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

記事を読む

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見た目と名前の可愛らしさから、僕

記事を読む

僕の考える料亭は、若い人にも来て欲しい場所。

7月に入り、もう今年の半分が終わった... 梅雨まっただ中の京都は湿度が高く、蒸し暑い京都らしい夏

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

魯山人の「身の周りの全てから学ぶ」という教え

こんばんは。 料理は季節感が重要だというのに、もはやこのブログの「日記」も「食道楽」も書く内容

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑