*

戻ってきた大卒新入社員。

公開日: : 日記

働き始めてから、一年以上が経った。

 

どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

何も言っていなくても時々、「息子さん?」とか「お孫さん?」と聞かれる。

 

僕の経緯を知って、ほとんどのお客様は「お孫さんが戻ってこられて一安心ですね」と言う。

祖父は笑顔になる。

僕は、「まだまだこれからです。始まったばかりです」と言う。

 

祖父、父、僕と三世代にわたってお世話になっている、近くの理髪店がある。

今のマスターが4代目ほどになる、老舗の理髪店。

そのマスターは言う、「気を抜きすぎたらダメですよ。これからですから」と。

 

東京で修行をして戻って来られた息子さんを持つ、マスターの言葉は重い。

僕は言葉通り、「戻ってきた」だけ。

しかも、一切料理の修業をしていない、大卒新入社員として。

今後どんな職人になるのか、どんな大将になるのかは今、そしてこれからの働きで決まる。

 

「これから仕込まないといけないなんて、大変ですね。ますます長生きして下さい」

そんな言葉がしっくりくるこの頃。

関連記事

さてこのお魚、何でしょう。調理してみた。

こんばんは。 さていきなりですが、この魚、何という魚か分かりますか?? &nbs

記事を読む

か、か、かわいい… 僕のアイドル、SMJ48(笑)

思わず、「かわいい!」と思って、ぱしゃり。   柄のがぷっくり、傘はま

記事を読む

明けましておめでとうございます!

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします!  

記事を読む

僕の考える料亭は、若い人にも来て欲しい場所。

7月に入り、もう今年の半分が終わった... 梅雨まっただ中の京都は湿度が高く、蒸し暑い京都らしい夏

記事を読む

母の日という、照れ隠しの日

こんばんは。 「料理修行」の単語が入ったブログなのに、料理のことをまだ全く書いていないことに気

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

「目の付けどころをシャープに」という話。

ずっと前から考えていたことだけど、昨日思うことがあったので「見る」ということについて、書いてみようと

記事を読む

おもてなしがサービスになる時

昨年末、おもてなしについて書いたブログ(「おもてなし」は、誰かを思ってすること。)で、サービスとおも

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑