*

I am a 料理人.

公開日: : 最終更新日:2015/06/05 日記

大学を卒業して、働き始めてから一年以上経った。

色んな所に食べに行こうと決めて、食道楽なんて連載記事も始めて(全く書いてなくてごめんなさい…)、こつこつ飲食店に通っていたら、気付けば延べ70ほどのお店に行っていた。

一つひとつのお店で料理はもちろん、おもてなしとかを見て色んな事を学ばせて頂いた。

そのお陰で、将来どんな料理人になりたいか、どんなお店を作りたいか、どんな家庭を持ちたいか(笑)まである程度考えが固まってきた。

 

ぜひまた行きたいと思うお店も幾つか見つかって、そのお店はこれから少しずつ紹介していこうと思う。

 

さて最近、特にまた通いたいと思える素敵なお店に出会った時に、僕が料理人(の卵!?)であることを打ち明けたくなってきた。

どこか後ろめたい気がして。

そして今日、ついに初めて料理人として、あるお店を再訪した。

 

03930020

 

ご主人が20代でご自身のお店を持たれ、今年で30歳になられる方。

奥様は僕とほぼ同じ年。すでにお子さんがお二人。

僕と年の近い方が、家族でお店を切り盛りされている姿が輝かしくて、羨ましくて、微笑ましくて。

 

手土産を持ってお店に。

絶対に開店時間と同時に入って、今日の一番目のお客様になって打ち明けようと(お仕事をしておらえる最中だと言いづらいし)。

ところが開店10分前に行ったたのに、すでに先客が…

仕方がないので、出迎えて下さった奥様にこそっと「実は僕、料理人なんです…」と。

 

ちょっとびっくりされていたけど、警戒することもなく温かく迎えて下さった。

お料理を作っている最中も、話しかけてくださったり食材のことを教えて下さったり。

他のお客様が帰られて、僕だけになったら、たくさん色んなことを話して下さった。自分が修行をしていた時のこと、お店を始めた時のこと、お客様に育てていただいたこと。

「しっかり料理人であると言ってくださって、すっきりしたし、こんなご縁を頂けたのは本当に嬉しいです」と言って下さった。

 

以前は飲食店に行った時は、なるべく職業のことに触れられないように気を付けていた。ビクビクしながら料理を食べていた。

挨拶して訪問したのならまだしも、途中で僕が料理人だと知って警戒されないか、嫌な思いはされないかと思って。

 

それよりもきっと、僕は料理人として自信がなかったんだと思う。

僕の職業を誰かに紹介するなら料理人だけど、ましてや料理人の方に対して、僕は料理人ですとは言えないと。

それが、僕が料理人だと言いたい、打ち明けたいと思うようになったのは、少しは自信が出てきたのかな?

そしてそろそろ、料理人の方と知り合いたい、対等にお話がしてみたいと思っているのだと思う。

 

今日はひとつ、今まではとは違った世界が広がり始めた一日だった。

 

20150604164534

 

 

 

 

関連記事

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思いきや、朝晩の冷え込み。 皆

記事を読む

魯山人の「身の周りの全てから学ぶ」という教え

こんばんは。 料理は季節感が重要だというのに、もはやこのブログの「日記」も「食道楽」も書く内容

記事を読む

ふと気付いた、体の変化

ふと指を見てみたら、昔はあった「甘皮」がなくなってる!   (なぜか、爪の写真

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

no image

戻ってきた大卒新入社員。

働き始めてから、一年以上が経った。   どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

記事を読む

「布施の心」でより良く生きる

特に何かがあったわけでは無いんだけど、先日仕事をしている時にふと思ったことがある。 それは、「

記事を読む

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食べに行って、沢山のことを学ばせ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑