*

料理人は「気を使う」仕事。

公開日: : 最終更新日:2015/07/22 日記

昨日が梅雨明けだった京都。

梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

夕日が西の山に完全に沈んでから、世界が真っ暗になるまでの短い間に訪れる。

いつも見ている景色が神聖に、違って見える。

S__20791299

 

働き始めてから、見えてきた世界・感覚がある。

「料理人ってどんな仕事?」て聞かれたら、今の僕なら「気を使う仕事だよ」と答えるかな。

 

『気を使う』

お客様に失礼がないように、持ち良い時間を過ごして頂くために、喜んで帰って頂く為に、色んな事に配りをする。

それはお客様がご来店されて、料理を召し上がっている最中はもちろん、お越しになる前、お帰りになってから次お越しになるまで。

いつもアンテナを張って、を利かせ続ける。

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

 

『気』を使う

これが、働き始めてから持つようになった感覚。

 

生気に満ちた食材は、「料理人」を幸せにする。

まずは自分が納得した、惚れ惚れするような食材を仕入れる。

魚だって野菜だって、思わず「綺麗だなー」と見とれてしまうもの、「見て見て!」と誰かに見せたくなるような食材がある。

そんな食材からは、言葉にはならないを感じる。「生(生き生きとした様子)」という言葉がぴったり

 

S__20791301

先日、庭で採った南天の葉。その若々しい緑色に生気を感じ、惚れた。

 

満ちた食材を調理する時、料理人はやるになり、元になる。
「この食材をどう調理しよう、どうやってお客様に召し上がって頂こう、どうしたら喜んでいただけるか」と考える。ワクワクする。

食材に惚れて、思わず買ってしまうことだってある。

いつも見ているからこそ、その違いが分かる。

食材あっての料理人だからこそ、自分が満足して惚れた食材が手に入った時には嬉しくなるし、幸せを感じるのだ。

 

生気に満ちた食材は、「お客様」を幸せにする。

どんなに腕の良い料理人であっても、食材が良くないと美味しいものは出来ない。

 

逆に、鮮度が良く美味しい生に満ちた食材は、調理する選択肢も増え、何をしても美味しい。

そういったものほど食材の味を活かした、あまり手を加えない調理をする。

そして味はもちろんのこと、色が鮮やかに出たりと、見た目にもお客様を幸せにする料理になりやすい。

 

「料理をする」とは、気を込めて、気を届ける作業。

 

料理とは、食材のの有無を感じられない人が、そのを感じられるようにしたものと言い換えることが出来るように思う。

に満ちた食材を選び、その食材に合った調理法を選び、丁寧に調理することで更にを込め、似合った器を選び綺麗に盛り付けて、お客様が幸せを感じるものに変える。

そうやって、を届ける。

 

結局、「」ってなんなの?という質問には上手く答えられないけれど、お客様を思って丁寧に仕事をすることで料理に自分の「」を込める。

それは、お客様に幸せになって帰って頂けるように思いを込める作業とも言える。

」や思いは、周りの人に伝わってしまうもの。

だからこそ、やるのない人、なんとなく作業を粉しているだけの料理人を見るといらっとするし、将来は絶対にそんな料理人とは働きたくない。

やるある人が集まっているチーム、そしてみんなが生き生きとやるを持って働く環境が整ったお店を、将来は作りたいと思う。

 

 

 

 

関連記事

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

自分の料理で、人を幸せにする第一歩。

こんばんは。 日中は、ずいぶん熱くなってきましたね...今日から夏用の白衣に変えた、西岡 瞭です!

記事を読む

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

料理修行が始まって、約一カ月。 今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入っ

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

柏餅の季節がやってきた!

いきなりですが、端午の節句に食べるものと言えば...何でしょう!   答えは、

記事を読む

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食べに行って、沢山のことを学ばせ

記事を読む

明けましておめでとうございます!

皆さん、明けましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願いします!  

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑