*

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。

将来のことを考える時、いつも感じること。

 

それは「恐怖」。「怖い」という感情。

それは決して、お先が真っ暗だからとかそういうのではなくて。

 

常に謙虚に、全てのことから学んで、成長する。

心から応援される人になるというのが、目標。

 

でも、日々成長し、技術も身についてできることが増えて、もしかしたらそのうち注目されるようになって…

そうしたら、有頂天になってしまう時が来るんじゃないかなと。

 

有頂天になってしまったら、それ以上の成長は見込めないし、心から応援される人ではいられない。

失うものがたくさんあるだろう。

 

そうならないために、自分を戒め続ける。

でも万が一の時は、そのことを僕に気付かせてくれる存在が欲しい。よいしょ、よいしょする人ばかりではなくて。

中には、苦言を言ってくれる人の存在も必要なんじゃないかな。

 

この感じている「怖い」という感情を忘れないために、自分への戒めの意味も込めて、ブログに書いておこうと思う。

常に謙虚であり続けたい。

 

IMG_9609

先日、お店の庭の掃除をしている時に見つけた、楓の若葉。

何とも謙虚で、可愛いらしい。

 

皆が見る存在ではないかもしれないけれど、ひとたび見つけてしまったら、気になる可愛い存在。

僕の目指す存在は、この楓の若葉のような存在なのかもしれない。

 

関連記事

「目の付けどころをシャープに」という話。

ずっと前から考えていたことだけど、昨日思うことがあったので「見る」ということについて、書いてみようと

記事を読む

ふと気付いた、体の変化

ふと指を見てみたら、昔はあった「甘皮」がなくなってる!   (なぜか、爪の写真

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

no image

戻ってきた大卒新入社員。

働き始めてから、一年以上が経った。   どうやら僕は、祖父と似ているらしい。

記事を読む

掃除が好きになりました!(掃除を通して、自分と向き合う)

今日はお店が休みなので、ゆったりした朝を迎えた。 珈琲でも飲みながらほっこり。 &nbs

記事を読む

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思いきや、朝晩の冷え込み。 皆

記事を読む

やっぱり、お月見には月見団子でしょ! 

こんばんは。 朝晩がずいぶんと涼しくなり、とても過ごしやすい季節になってきましたね! 食

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑