*

秋を想う

公開日: : 日記

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。
かと思いきや、朝晩の冷え込み。
皆様、いかがお過ごしですか?

遡って9月のこと。
9月に入った途端、今までちらほらとしか見かけなかった栗や松茸を、どっと市場で見かけるようになった。
今年は雨が少なかったからか、どちらも虫食いが殆ど無い。
食材から、「あー、秋になったな」と。

S__22740997

 

10月の始め、父方の祖母の家に行った。
祖母と二人でぶらぶら歩いていると、すでに渋柿が綺麗に色づき始めていた。
柿の葉も、綺麗に紅葉している。
「秋を感じるな、これはぜひお料理に使いたい」と思って、拾って帰った。

12049385_956162864448413_3366802666720135012_n

 

京都ではまだ山が装っていないというのに、そろそろ秋の食材が終わろうとしている。
休みの日以外は外を出歩かないので、もっぱら食材から季節を感じる日々。
秋ももう終わりか…と思っていると、数日前から朝晩が冷え込む。

S__22740998

代白柿

 

ふと、ここ数年、紅葉するのが遅いと感じることがある。
遅い年には、12月に入っても、まだ紅葉が見られる年も。
食材と、景色が合わない。

お客様にそのことを話していると、「そうなんだよ。秋がないから、アパレル業界では秋服が売れなくて困っているんだよ」と。
なんと、そんなことが起きているのか。

今朝は風がきつく、そして冷たい。
掃除の時、井戸水が温かく感じられた。
もう冬が近い。

 

 

関連記事

自分の料理で、人を幸せにする第一歩。

こんばんは。 日中は、ずいぶん熱くなってきましたね...今日から夏用の白衣に変えた、西岡 瞭です!

記事を読む

母の日という、照れ隠しの日

こんばんは。 「料理修行」の単語が入ったブログなのに、料理のことをまだ全く書いていないことに気

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

おもてなしがサービスになる時

昨年末、おもてなしについて書いたブログ(「おもてなし」は、誰かを思ってすること。)で、サービスとおも

記事を読む

「布施の心」でより良く生きる

特に何かがあったわけでは無いんだけど、先日仕事をしている時にふと思ったことがある。 それは、「

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑