*

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

こんばんは、ご無沙汰しております。

今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で「暑い、暑い」と言っていた西岡 瞭です(笑)

それにしても、何だったんだろう。

香りのせいかな、それとも手から山椒の成分が体に入ってきていたのかな…

 

さて昨日の朝、一人で早めにお店に行って掃除を済ませた後、ある展示会に行ってきた。

26日(月)まで、京都の高島屋で行われていた「第43回 日本伝統工芸近畿展」。

 

この前食事に行った店で、お造りが何とも涼しげなガラスの器で出てきて、素敵だな…と思っていたら、その作家さんが隣に座っておられた!(なんて偶然)

招待券を頂いたので、折角の機会だから行ってみようと思って。

IMG_9775

 

陶芸、染織、漆芸、金工、木竹工、人形などなどが展示されていた。

「ああ、こんな着物着てみたいな」とか、「こんな器に料理を盛ってみたいな」とか、「この人形の顔が、何とも言えず味があって素敵だな」とか。

色んな刺激をもらった。

これ、買いたいなと思うものも(笑)

 

50点程の展示された茶碗から、自分のお気に入りのものを選んで、それでお抹茶が頂けるというサービスもあった!

何とも素敵。

 

 

招待券の裏に印刷されていた、開催の趣旨説明の冒頭の言葉が印象に残った。

伝統はつねに現在する

 

始めは意味が分からなかったけど、色んなことを考えさせられた。

伝統と言えば、どこか古めかしい感じがする。

でも、今も残っているものが伝統。

既に消え去ってしまったものは、ほとんどの人の記憶には残っておらず、ただの過去の産物。

 

伝統を過去の産物にしないために、それに携わる方々は試行錯誤している。

でも、それってどうなんだろう。

何とか頑張って残そうとしているものは、ただの遺産でしかないのかもしれない。

 

伝統は、残していくものではなくて、残っていくもの。

逆に言うと、洗練されつくしたがゆえに、長い間変わらず残ってきて、これからも残っていくものとでも言えるだろうか。

 

この話は、正直自分の中でも整理が出来ていないし、ただの言葉遊びでしかないかもしれない。

でも一つ言えることは、伝統も残していくためというよりかは、これからも残っていくために、それを伝える人・その努力は必要なのではないか。

僕が携わるものが伝統的なものであるのだとすれば、僕はそれを伝える人になりたいと思う。

 

関連記事

「布施の心」でより良く生きる

特に何かがあったわけでは無いんだけど、先日仕事をしている時にふと思ったことがある。 それは、「

記事を読む

母の日という、照れ隠しの日

こんばんは。 「料理修行」の単語が入ったブログなのに、料理のことをまだ全く書いていないことに気

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

か、か、かわいい… 僕のアイドル、SMJ48(笑)

思わず、「かわいい!」と思って、ぱしゃり。   柄のがぷっくり、傘はま

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

料理修行が始まって、約一カ月。 今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入っ

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑