*

「布施の心」でより良く生きる

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

特に何かがあったわけでは無いんだけど、先日仕事をしている時にふと思ったことがある。

それは、「布施の心」って重要だなってこと。

いきなり何って感じかな(笑)
中高6年間は、浄土宗の私立に通っていたので、宗教という授業があった。

それこそ、大学受験に必要な科目でもないし、何で宗教の授業なんて受けないといけないんだよって思っていた人もいたと思うけど、僕は結構好きだった。

何か、生きていく上で重要なこと、判断基準を学んでいる気がして。

 

「布施の心」とは、簡単に言うと「見返りを期待しない」っていうこと。

b448479c-2a64-4243-93d6-27158b488787

 

 

先生が授業中に言っていた例えは、

ある朝、自分があいさつをした時に、その相手がもしかしたら挨拶を返してくれないかもしれない。

なんであいさつを返さないんだよ!って怒る人もいると思う。

 

でも、もしかしたらその人はとても急いでいたかも知れない。

ひどく体調が悪かったのかもしれない。

何か考え事をしていた、悩んでいたのかもしれない。

 

挨拶だけではなくて、何か自分がしたことに対して、見返りを期待しないというのは、気楽に生きる上で重要なことなんじゃないかな。

(挨拶はしっかり返すのが当たり前で、どんな理由があれそれはすべきという考えもあると思う。でも、実際は出来てない人が大勢いるかも。挨拶以外にも)

 

新学期が始まった、新しく社会人として働き始めたこの時期は、まだまだコミュニケーションが取れておらず、誰かにイライラすることがあると思う。

そんな時、「布施の心」で心にゆとりを持って、一つ一つの細かいことに気を取られずに広い心で生活していた方が、きっと自分の気も楽だと思う。

 

世の中には、きっと色んな人がいる。

色んな人を受け入れて、自分の夢に向かって頑張っていこう。

83f188dd-51fe-4199-9ae1-f02aa7db4c60

 

 

関連記事

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

料理修行が始まって、約一カ月。 今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入っ

記事を読む

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食べに行って、沢山のことを学ばせ

記事を読む

料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。

こんばんは。   将来の料理人、瞭です...これは大学生の時に、ある授業で使っ

記事を読む

か、か、かわいい… 僕のアイドル、SMJ48(笑)

思わず、「かわいい!」と思って、ぱしゃり。   柄のがぷっくり、傘はま

記事を読む

柏餅の季節がやってきた!

いきなりですが、端午の節句に食べるものと言えば...何でしょう!   答えは、

記事を読む

料理人は「気を使う」仕事。

昨日が梅雨明けだった京都。 梅雨のまっただ中、カラッと晴れた日の夕方に見られた青色の世界。

記事を読む

「おもてなし」は、誰かを思ってすること。

前回のブログ(料理を食べて幸せを感じる、その体験をデザインするのが“料理人”。)からかなり期間が空い

記事を読む

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見た目と名前の可愛らしさから、僕

記事を読む

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の力を借りました。 &nb

記事を読む

新しい連載記事、スタート!~食道楽~

新しく社会人になった皆さん、学年は変われど引き続き学生の皆さん・社会人の皆さん... それぞれ境遇

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑