*

掃除が好きになりました!(掃除をすることは、愛着を持つこと)

公開日: : 最終更新日:2014/09/15 日記

料理修行が始まって、約一カ月。

今までお皿を洗ったり拭いたり、中学生になってからは調理場に入ってお手伝いをしていたけれど、朝から晩までみっちり働くようになったのは、4月に入ってから。

 

料理人の一日は、掃除に始まり、掃除に終わる。

朝は祖父と一緒に市場に行くので、お店の方に朝の掃除は任せてしまっているけれど、晩はみっちり掃除をする毎日。

(今日は日曜日で市場がなかったので、朝から掃除!)

この一ヶ月間、お店の掃除をしてきて、掃除が好きになった。

 

なぜ掃除が好きになったのかと言うと、理由は以下の三つ。

 

  1. 綺麗なものに囲まれていると、気持ちが良いから。
  2. そのものに、愛着が湧くから。
  3. 自分と向き合えるから。

 

一番目の理由に関しては、その通り。

後は、僕が綺麗にした、どや!っていう自己満足もあるかも。

 

二つ目の理由はかなり重要だと思う。

ものを綺麗にしていると、それに愛着が湧いてくる。

特に掃除の中でも難しいのが、木の掃除、お手入れ。

木目に沿って、水加減・力加減も考えないと、木は荒れたりしてしまう。

8338e301-c51a-4491-86a4-d35778d1a565

 

(店のカウンター。木曽檜で、お手入れが大変… でもずっときれいにお手入れしてきたお陰で今でも白く、シミもほとんどない)

 

木のことを考えながら、自分の手の感覚を頼りに木を掃除するのは、大げさに言うと木と会話するかのよう。

「この木は、木目がこうだから、こっちの方向に拭かないとだめなのか」とか、一つ一つ木の習性が分かってくるごとに、愛着が湧いてくる。

 

この”愛着”こそが、店を思う気持ちなんじゃないかな。

掃除をする、綺麗にするということは、店に愛着を持つこと。
この愛着は、一生懸命に働こう、この店のために尽くそうという気持ちの源泉な気がする。

 

もしかしたら店によっては、大将になったら下の者に任せて、自分は掃除はしないという人がいるかもしれない。

でも、僕はそうなりたくないなと思う。

自分は、どれだけ上の立場になっても、掃除は続けて、店に愛着を持ち続けていたい。

誰よりも、お店のことを大切にしていきたい。

 

師匠の祖父は、今でも率先して洗いものをする。

その姿、見習って行きたいと思う。
まだ3つ目の理由に触れられていないけど、あまりにも長くなるので、今日はこれぐらいで。

また明日にでも、掃除の話の続きは書こうかな。

 

関連記事

「目の付けどころをシャープに」という話。

ずっと前から考えていたことだけど、昨日思うことがあったので「見る」ということについて、書いてみようと

記事を読む

時には一つのことをがむしゃらに、こつコツと。

こんばんは。 最近、自分は「料理を作りたい」のではなく、「自分の料理で人を喜ばせたい」のだとい

記事を読む

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2から3月にかけて器の絵付けや、お

記事を読む

ふと気付いた、体の変化

ふと指を見てみたら、昔はあった「甘皮」がなくなってる!   (なぜか、爪の写真

記事を読む

自分の料理で、人を幸せにする第一歩。

こんばんは。 日中は、ずいぶん熱くなってきましたね...今日から夏用の白衣に変えた、西岡 瞭です!

記事を読む

ひょんなことから、「伝統」について考えてみた。

こんばんは、ご無沙汰しております。 今日、山椒の実を掃除していたら、体がぽかぽかしてきて一人で

記事を読む

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食べに行って、沢山のことを学ばせ

記事を読む

大切な人たちがお店に。それだけで幸せ。またがんばれる。

かなりご無沙汰しております、西岡 瞭です。 ああ、どうしたらもっとさくっとブログを書けるのだろ

記事を読む

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の力を借りました。 &nb

記事を読む

「怖い」という感情が、自分を成長させる。

まだ僕が大学生だった2月ぐらいから、感じていたことがあった。 将来のことを考える時、いつも感じ

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

「食材を活かす」とは、その食材を「らしい」かたちにする作業。

蕨(わらび)。 とりあえず漢字がかっこいい。 春の山菜で、2か

生き物をあつかう。だから趣深い。

きゅっとまん丸く、真っ白な蕾がまるで白玉のようだから白玉椿。 その見

ひな祭りのおもてなし

今日は雛祭り。 僕の大切なお雛様方をお迎えするにあたり、この方の

若くして自分の店を持つ人に共通する、3つこと。

大学を卒業して、京都に戻ってきてから一年と半年。 色んなお店に食

秋を想う

ここのところ晴れの日が続き、日中はむしろ暑い日が続いている。 かと思

→もっと見る

PAGE TOP ↑